車の中や日傘越しで調光レンズを使うとどうなる?

こんにちは!
104号室のカナです😊😊

少しずつ暑さが和らいで過ごしやすい気候になってきましたね!
息子との休日の公園遊びやお散歩などの外遊びが、ちょっとだけ楽になりました🙌

私は外出の時は、調光レンズのサングラスを使っています✨

調光レンズとは、紫外線(もしくは可視光線)が当たるとレンズの色が変わる
ちょっと特殊なメガネレンズ!

私が持っているのは、紫外線に反応するタイプ。
可視光線(目に見える光)に反応するタイプだと、
紫外線が当たらない室内でも光があればうっすらとレンズが色づくので、
私には、紫外線反応タイプが合っているかなと思っています🤗

色が変わるイメージはこんな感じ。

家の中などの紫外線が当たらない環境ではほぼ無色の状態で、
外に出て紫外線が当たると、まもなく勝手に色づいていき
1~2分後には写真のアフターくらいまで濃くなります。
(気温や紫外線量などの条件によって反応に違いがあります)

屋内と屋外、メガネがこれ1本で済むので
掛替の手間や手荷物が減ってとっても楽ちんなメガネです🙆🏻🙆🏻

 

ただ、弱点としては
温度の影響を受けやすいので、
気温が低いほど着色しやすく、気温が高いほど着色しにくいということ。

前に102号室のもかちゃんが、調光レンズの
紹介や検証をしてくれていますので参考にご覧ください。

サングラスレンズにも種類がある??調光・偏光・ミラーって?

でも、それを抜きにしても、
色が変わらない…😮!?というシーンがありました。

それは、車の中と日傘
考えればそりゃそうだって感じですが、
ほんとに変わらないんだ…って驚くほど、色が変わらなかったんです。笑

 

調光レンズ × 車 

9月上旬 午前9時頃 天気:晴れ 車内の気温:約22°
運転席に座って正面を向き、5分ほど車の中で掛けてみた結果がこちら。

レンズの色が変わっていません!

はい、これは、車のフロントガラスが紫外線をカットしているからです😮
そりゃ、紫外線が当たらないんじゃ色は変わらないですね…。

私の車のフロントガラスの紫外線カット機能は本物でした。笑

※車の種類によっては反応が違うかもしれません。

 

調光レンズ × 日傘 

9月上旬 午前10時頃 天気:晴れ 気温:約27°
私はこどもと遊んでいるとき以外は、基本的に日傘をさしています。
なので、日傘をさしながら調光レンズを掛けています。

5分ほど掛けて、アスファルトの路面を歩いてみた結果がこちら。

ほとんどレンズの色の変化がありません。
(写真では伝わりづらいですが、ほんの少しだけ色が変わっていました)

はい、これは日傘で紫外線を遮っているからです😮

ちなみに私が使っている日傘は、
99.9%紫外線カット、100%遮光(1級遮光生地)のもの。
しかも私は深めにさします。覆う感じで。
日傘をさしている目元は完全に日陰です。
紫外線が直接レンズに当たらないので、やっぱり色はほぼ変わりません。

私の日傘の紫外線カット機能は本物でした。笑

※日傘の種類や形状によっては反応が違うかもしれません。

 

でも、多少レンズの色が変わったということは、
路面の照り返しなどで散乱した紫外線がレンズに当たっているということ😱

紫外線対策は日傘だけではなく、
照り返しのことも考えると、サングラスの併用が効果的だと再認識しました👏🏻

 


紫外線に反応するタイプの調光レンズを使っていて
紫外線が当たってるはずなのに、なんで色が変わらないんだろう?と思ったら
「UVカットの窓ガラス越しで過ごしていた」
「帽子、前髪で陰になっていた」なんてこともあるかも🤔
紫外線は目に見えない光線なので、分かりづらいですよね。

調光レンズはとっても機能的なメガネレンズですが、
そもそも紫外線がレンズに当たらない環境では、思うように機能しないことがあります。

かといって、じゃあ調光レンズ使うのやーめた!という話ではなく…笑
冒頭でご紹介したように、基本的には私にとってすごく便利なレンズなので、
調光レンズの性質を理解しながら、これからもどんどん使っていきたいと思います☺💕

ではまた🙌

 

「104号室 カナ」のプロフィール

1987年生まれ。生まれも育ちも岡崎市です。
現在は一児の母となり、仕事・家事・育児に奮闘してます。
趣味はプラプラお散歩をしながらパン屋さんをめぐる事。
休日は、電車好きの息子を連れて、いろんな所へお出かけしています。


タグ: ,

1つ星 いいね!
読み込み中...