公式ブログ
ホーム公式ブログ › 夜の運転に使用できないカラーレンズがあるの知っていますか?

みなさん、こんにちは!
105号室のはなです。

まだまだ日差しの強い日が続きますね~🌞
こんな日はサングラスをかけておでかけしたいです👓
サングラスにあわせて服をコーディネートしてお出かけするのも楽しいですし、
運転中にかけることで眩しさがカットされて運転がしやすくなるので万能アイテムですね!

とてもありがたいサングラスですが色によっては夜間の運転で使用できないものがあります。
東海光学の「マイトーンカラー」の商品ページにある「カラーデータ表」にも
夜間運転で使用して大丈夫かどうかの記載があります!

夜間運転OKなカラーとNGなカラーって何が違うのか?どのようにしてOK・NGを決めているのか?
気になりますよね!そこで今回はカラーレンズの夜間運転について調べてみました

カラーレンズの夜間運転のOK・NGについて

カラーレンズの夜間運転についてはJIS規格で次のように定義されています。

「視感透過率が75 %未満の眼鏡レンズは,薄暮又は夜間における路上及び運転に使用してはならない」

文章だけ書いても難しい言葉が多くて分かりにくいですね💦
一個一個説明していきます!

先ず「視感透過率」とは人の目でどのくらい明るく感じるかという数値です。
極端に言いますと視感透過率0%だと人の目で全く明るさを感じないということです。

では視感透過率75%未満とはどのような色のレンズになるのでしょうか?🤔
それは後ほどお話するために、もう1つ「JIS規格」について説明します。

JIS規格とは「日本産業規格」といい、日本の産業製品に関する規格や測定法が定められている
日本の国家規格
のことです。

例えばトイレットペーパーにもJIS規格があります。
どのメーカーのトイレットペーパーを買っても自宅のホルダーにちゃんとおさまりますよね。
これはJIS規格でトイレットペーパーの大きさや真ん中の空洞の大きさまできちんと決まっているからです!JIS規格で標準化されていることで安心して買うことができますね😊

夜間運転OKなレンズ・NGなレンズはどんな色?

次は実際に夜間運転OKなレンズ・NGなレンズはどのような色なのか見てみましょう!
今回はアリアーテトレスの中からトゥルーグレイとスモークのグレー系2色を例に出しました。
早速ですが夜間運転OKなレンズとNGなレンズで分けてみました!


視感透過率75%未満は色がしっかりグレーとわかるような感じがしますね。
確かに夜間運転で使用すると危ない気がします🤔
次は夜間運転OKな色とNGな色でどんな風に見え方が変わるのか紹介していきます。
※見え方には個人差があります。あくまでも私の感想だということをご承知ください🙇‍♀️

今回使用するカラーレンズの見え方・見られ方についてはこちらのブログでも紹介しています!
まだ読んだことない方はぜひチェックしてみてください!
👉カラーレンズの見え方・見られ方

夜間運転OKなレンズ・NGなレンズの見え方

今回は夜間運転OKなトゥルーグレイ15%のレンズと
夜間運転NGなトゥルーグレイ50%、スモーク85%のレンズを使用して
運転中によくみる「標識」と「白線」の昼と夜の見え方の違いを見てきました!

標識の見え方

「止まれ」の標識の見え方を昼と夜で比べてみました。

・染色していないレンズとトゥルーグレイ15%は昼間でも夜間でも標識がばっちり見えました✨
・トゥルーグレイ50%は昼間と夜間共に夜間運転OKなレンズよりも若干暗くなりました😣
 個人的には夜の方が周りも暗いため見にくいなと感じました。
・スモーク85%は昼は赤色の部分が黒っぽい色に見えて、夜は標識が全く見えなかったです😥
※周りの環境によっても見え方は変わります。一例としてご参考にしてください。

白線

続いて白線の見え方を昼と夜で比べてみました。

・昼の時はどのレンズでもばっちり見えました ✨
・夜の時も標識と同じように染色していないレンズとトゥルーグレイ15%はばっちり見えました!
・夜の時のトゥルーグレイ50%とスモーク85%は夜間運転OKなレンズより白線が見えにくかったです😥
 またレンズの色が濃くなるほど見えにくいなと感じました。
※周りの環境によっても見え方は変わります。一例としてご参考にしてください。

まとめ

今回はカラーレンズの夜間運転についてお話しました。
夜間運転のOK・NGについてはJIS規格で以下のように定義されています。

「視感透過率が75 %未満の眼鏡レンズは,薄暮又は夜間における路上及び運転に使用してはならない」

夜間運転が出来ないレンズの場合は昼間に使用して、夜の運転の時には
夜間運転OKなメガネに掛け替える等して安全運転を心がけましょう😊
但し濃度が濃すぎたり、信号の色を誤認しやすくなる特殊カラーでは
昼間でも使用できない場合がありますので注意してください!

また夜間でも周りの光が眩しいから何とかしたい!😭というお悩みを持っている方には
みことさんのブログで夜間運転にオススメのメガネレンズを紹介しているのでチェックしてみてください!
👉運転しにくい夜間に!夜間運転に最適なメガネレンズをご紹介!

次回もよろしくお願いいたします。

Writer
105号室 はな

105号室 はな

開発部に所属し、新商品の開発を担当。
レンズやコーティングの性能試験や商品のデータ管理を行います。

1995年生まれ。甘いものとお出かけが好きです。
チョコレートが心の癒しで期間限定ものには目がないです。
社会人になり岡崎市に来たのでお出かけスポットを教えてもらえると喜びます!

» 105号室 はな の投稿一覧

お客様相談室

最寄りの弊社商品取扱店のご案内をさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

お電話の場合

お客様相談室0564-27-3050

受付時間 : 月曜日から金曜日の9:30~13:00、14:00~17:30
(祝祭日、GW、お盆、12月31日から1月3日を除く)

メールの場合

メガネレンズに関する問い合わせはこちらです。

メールで問い合わせ