ここでしか味わえない!もう一度行きたくなる街「康生」の魅力

こんにちは!103号室のみことです。

今回は、愛知県岡崎市にある、とある街のお話です💁‍♀️

皆さんご存知の徳川家康公。

江戸幕府を開いた人物として、誰もが知っている偉人ですよね!
家康公が岡崎市出身ということをご存知の方は多いかと思いますが、
その家康公が生まれた岡崎城は、「康生町(こうせいちょう)」という町にあることをご存知でしょうか?

『家「康」「生」まれた地』という意味から町名が名付けられたと言われる康生町。

聞くところによると、昔は若者の憧れの場所だったらしく、
今でも岡崎市の大イベントの多くが、ここ康生町周辺で行われているようなんです🤔

しかも最近は、新しく生まれ変わったとか何とか…🤔🤔

どんな街なのか気になりませんか?

と言うことで今回は、
「康生町」やそのお隣にある「康生通り」など『康生エリア』の魅力をお伝えします💁‍♀️✨

500年続く商業地!康生の歴史

康生エリアの魅力の一つはその歴史にあります。
約500年続く商業地として、今もなお愛される康生の街はどんな歴史を歩んできたのでしょうか?

1526年(大永6年)開市
時代はなんと室町時代。
康生通りの北にある「連尺通り」で商人が集まり市場を開いたこの頃、商業地としての歴史が始まります。

1545年(天文11年)家康公誕生
岡崎市が誇る偉人、徳川家康公が誕生します。

1590年(天正18年)田中吉政が岡崎城主に
この年に徳川家は関東に入封。
徳川家に替わって田中吉政が岡崎城主となり、10年かけて二十七曲がりなど岡崎城下を整備しました。

1601年(慶弔6年)には東海道に宿場伝馬制度が整備され、岡崎市は宿場町として栄えていきます。

1872年(明治5年)康生と名付けられる
この年に旧岡崎城主郭部が『康生』と名付けられます。

1945年(昭和20年)岡崎空襲
7月19日、夏祭りで大いに盛り上がった日の夜、岡崎の街は空襲で壊滅的な被害を受けます。
しかし、そんな苦境を乗り越え、13年後には戦災復興モデル都市に選ばれるなど、この街の底力は計り知れません。

1971年-1977年(昭和46年-昭和52年)百貨店などの開業
百貨店などが次々と開業し、康生の街は活気を取り戻していきます。

1992年(平成4年)三河一の繁華街に
戦火によって一度は更地になってしまった康生エリア周辺も、再び商業地としての開発が進んでいきます。
百年以上の歴史を紡ぐ企業も多く存在し、全国でも希少価値の高い商業エリアとなっていきます。

2019年(令和元年)社会実験
10月8日から11月8日までの間、康生通りの商店街を活用した社会実験を行い、
今後もより魅力的な街にするために、様々な活動が行われています。

長きに渡る激動の歴史の中で、それぞれの時代で多くの人がこの街を愛し、
大切にしながら今日まで繋いできた素敵な街なんですね☺

康生ってどんな街?オススメポイント

歴史を知ったら、現在はどんな街なのか気になりますよね😌
そこで今回は、康生エリアを含む周辺のおすすめポイントをまとめてみました!

これを知れば、きっと足を運びたくなるはずです😉👌

おすすめ① 乙川

康生通りを少し南へ進むと現れるのが「乙川(おとがわ)
101号室のチカコさんの記事で紹介していた
2020年3月に開通した歩行者専用橋「桜城橋(さくらのしろばし)」もこの乙川にかかる橋です🙌

およそ5年前から整備され始め、綺麗に生まれ変わったこの乙川では、
週末を中心に様々なイベントが開催されています✨

家族や仲間たちと楽しめるキャンプ企画や屋台などが立ち並ぶ夜市、
ボートに揺られながらゆったりと景色を楽しめる贅沢なボートグランピングなどなど、
子供から大人まで皆で楽しむことができるイベントが盛りだくさん🤗

イベントに参加するも良し、
綺麗に整備された河川敷をのんびり散歩するも良し、
暑い夏の日は川に入って水遊びをするも良し!
色々な楽しみ方できる乙川、おすすめです👌✨

ボートグランピングの記事はこちら

おすすめ② 籠田公園

康生通りを少し東へ進むと現れるのが「籠田公園(かごだこうえん)
こちらの公園も2019年7月にリニューアルオープンをしたばかり!

一面に広がる広大な芝生広場や複合遊具、噴水など、子供たちが喜ぶ施設がたくさん誕生しました🙆‍♀️

公園に設置された休憩所は屋根付きで雨の日も安心☔💕

キッチンカーで購入したものを休憩所で食べるのもありですよ◎
休憩所は夜でもしっかり明るいので、日没が早い冬の時期でも遅くまで楽しめます👌

籠田公園でも週末を中心にイベントが開催されている為、大人だけでも大丈夫!
しっかり楽しめちゃいます🤗✨

おすすめ③ 個性的なお店

三河一の繁華街と呼ばれた康生の街。
今もやっぱりオススメなのは個性的なお店の数々❣

インスタ映え間違いなしのおしゃれなお店から、
100年以上続く老舗のお店まで、様々なお店が立ち並んでいます✨

個人店が多い康生エリアは、個性的で技術力のある商品を取り扱っているお店が多いだけでなく、
気さくな店員さんが多いのも特徴☝
お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物や食事が楽しめます😊

お店の情報はこちらをチェック!


公共空間とお店が上手く融合した康生エリアは、
何度足を運んでも、毎回違った視点で楽しむことができるのが最大の魅力✨

川で遊ぶ、公園で遊ぶ、お店で遊ぶ。
色々な選択ができる街だからこそ、
その選択の中で生まれた出会いや楽しみ方は自分だけの特別なもの。

街を知れば知るほど自分なりの発見があり、好きなものに出会えるなんて、
何だか素敵じゃないですか?☺❤

長い歴史を持ちながらも、新しいことに挑戦し続けている康生エリアで、
自分だけのお気に入りを探してみてはいかがでしょうか😌

きっと素敵な出会いがあるはずです😊✨

取材協力:株式会社まちづくり岡崎

振り返り

さて、早いもので今年最後のブログとなりました😌
今年も読んでくださる皆さまのおかげで楽しく更新することができました🙌
ありがとうございます🙇‍♀️

少し早いですが、年末らしく1年の振り返りを🤗

新しいメンバーも加わり、今後はこれまでとはまた違った視点で
皆さまに楽しんでいただけるよう、住人みんなで頑張っていきます💪✨

来年も引き続き「メゾンde東海の住人」をよろしくお願いいたします❣

「103号室 みこと」のプロフィール

生まれも育ちも岡崎市の生粋の岡崎っ子。
長野オリンピックの年に生まれました。
好きなものは、シュークリーム、旅行、アニメなどなど。
最近は趣味の幅を広げるために、色々なジャンルに挑戦しています。


カテゴリー: 私たちの町「岡崎市」の魅力 , 103号室

タグ: , ,

1つ星 いいね!
読み込み中...