年齢と共に小さい字が見えづらい

ホームお悩み・困りごとから探す字が見えづらい › 年齢と共に小さい字が見えづらい
年齢と共に小さい字が見えづらい

年齢と共に小さい字が見えづらくなった!それは老眼のはじまりかもしれません

老視・老眼とは

老視とは「老眼」と呼ばれ、近くのものが見えづらくなる症状です。
ピントを調節する機能、つまり「調節力」が低下することが原因で起こります。
老眼は、毛様体筋の衰えや、水晶体が固くなることでピント調節機能が徐々に低下していきます。
40代の頃からから感じはじめる、加齢によって誰にでも起こる老化現象です。
近視、遠視、乱視によって多少の違いはありますが、老眼にならないということはありません。

症状

  • 薄暗い所で見えづらい
  • 目が疲れやすい
  • ものを離して見るしぐさに現れる
  • 集中力が続かない

目の仕組み

毛様体筋が緊張し水晶体を膨らませ近くにピントを合わせる

対策・改善
  • 遠近両用レンズ、中近両用レンズ、近用ワイドビジョンレンズを利用しましょう
  • 長時間使用する場合は、目的やご自身の目に合わせた老眼鏡を作成しましょう