メガネを新調したのに見えづらい

ホームお悩み・困りごとから探す字が見えづらい › メガネを新調したのに見えづらい
メガネを新調したのに見えづらい

メガネを新調したのになんとなく見えづらい!最適なレンズ選びしていますか?

レンズの設計で改善、カーブフレーム用レンズで見え方改善

新調したメガネは見えているけれど、なんとなく違和感や疲れやすさを感じることがあります。
それはメガネのフレーム形状であったり、目の特徴に起因しているかもしれません。

カーブの深いフレームで感じる違和感

カーブの深いフレームでメガネを作ったとき、いつものメガネより見え方が悪いと感じることがあります。
両眼で見ているのになんとなくピントが合わずボケているように感じたりします。
視線に対して光軸がずれることで光学性能が損なわれてしまうため見え方の満足度が下がってしまうケースです。

遠近両用レンズで感じる違和感

遠近両用レンズでも同様に見え方の不具合を感じるというお声を聞くことがあります。
設計やタイプが変わると、中間部や近くを見る範囲を正しく使えていないことがあります。
手元の度数(加入度数)が以前のメガネより進んだことで使いづらさを感じることがあります。

対策・改善
  • 目の位置関係を考量して、そり角や頂点間距離の情報により設計を最適化するレンズを選択しましょう
  • 遠近両用レンズの特性を理解し正しく見える位置や使い方を覚えましょう
  • 脳科学を採用した掛けやすい遠近両用レンズを選択しましょう