まさか老眼の始まり!? 30代のリアルな視力事情!

皆さんこんにちは!
104号室のカナです。

だいぶ秋が深まってきましたね♪
東海光学がある岡崎市内もだんだん色づいてきましたよ🍁🍁

休みの日は公園で子供と走り回ったり、どんぐりを拾ったり、すごく気持ちが良い季節です✨
ただ、たくさん遊んだ日によく思うのですが、昔より体の疲れが取れにくくなりました。笑

気持ちはいつまでも10代20代のままなんですけどね。笑
実際は30代に突入し、じわじわと衰えを感じております、、、

そして、先日。
ついに、眼の衰え(眼の調節力の低下)も感じてしまいました!

認めたくはないですが、これが30代のリアルなのです。かなしーー。😂

しかし、それで泣き寝入りするような私ではありません。笑
ましてや、見えづらさを我慢してそのまま過ごしてしまうなんて事もしません。

なんと!
衰え始めた眼をやさしくアシストしてくれるメガネレンズがあるんですよ♡

同じ悩みを抱える世代であろう30代、40代の方は必読!
まだ大丈夫かなって方は今後の参考に♡


まずは、私が老化を感じたエピソードを…笑

それは、久しぶりに裁縫をした時の事です。

裁縫を好んでやるタイプではない(それどころか不器用すぎて無縁)ですが、
保育園の持ち物にワッペンの縫い付けが必要になり、重い腰をあげて取りかかりました。

針に糸を通そうとした、まさにその時!

糸がうまく通らない。なんだか手元が見えづらい・・・。

そんな衝撃から始まり、
ちょっとした飛行機のワッペンを縫い付けるだけで、
完成した時には目がものすごーーく疲れてしまっていました。

「老眼」
そのワードが頭をよぎりましたよね。
まさか?ついに来たか?と。

さてさて。

そもそも老眼とは?
新聞や本、スマートフォンなど、手元がみえにくくなる症状です。
老化により、眼の回りの筋肉(毛様体筋)が衰えたり水晶体が硬くなったりして、
手元にピントを合わせる力(調節力)が低下することが原因です。

人間の眼は近くを見る時、眼の回りの筋肉(毛様体筋)が働きます。
この筋肉が働くことで、水晶体の厚みが調節されて、ピントを合わせます。

このピントを合わせる力(調節力)はなんと、10代から衰え始めるんだとか!
意識しなくても見えていた物が、だんだん意識しないと見えづらくなります。
自覚するまでの時間は個人差がありますが、誰でも起きる現象です。

ショックではありますが、
失ってしまった調節力は取り戻せないので潔く諦めて、早めに対処するのが大切です◎

ここで、
冒頭でお話した調節力をアシストしてくれるメガネレンズが良い仕事をしてくれます。
その名もずばりアイアシストレンズ】です。

【アイアシストレンズ】とは?
レンズ下部に、近くを見る事を補助する度数(アシストパワー)が入っているレンズです!
このアシストパワーのおかげで、目の筋肉は今までよりずっと少ない力で働く事ができます。

私が掛けているメガネで説明すると、このレンズ下部辺り(赤丸)にアシストパワーが入っています!

さっそく使ってみましたので、装用の効果をご案内します♪
※あくまでも個人の感想となります。

<手元の見え方>
パソコン使用時、手元(キーボード)の見え方は、装用無しと違いを感じませんでした。
もともと困ってなかったから違いが感じにくいのでしょうか。
良く言えば、違和感なし!の状態で眼がアシストされているという事ですね。

<上下の視線の移動>
パソコンの画面とキーボードの視線移動が楽に感じました。
力を入れずにスムーズに視線を動かせる感じです。

<左右の視線の移動>
はじめはちょっと違和感がありました。
アイアシストレンズは、1枚のレンズの中で度数が変化しています。
その為どうしてもレンズの左右に歪む部分が発生します。
目線の使い方次第で、しばらくしたら慣れてきました。

<疲れ目への効果>
仕事後(この日はパソコン5時間使用)は、いつもより目が疲れていない感覚がありました。
普段からそこまで疲れる自覚はなかったのですが、その「普段」より楽に感じました
いつのまにか、疲れている事に慣れてしまっていたんですね。

<家での生活(主に家事、育児)>
特に問題なくメガネをかけたまま生活できます。
しかし、息子に眼鏡を奪われてしまってかけられませんでした笑
我が家はある意味常用できません( T_T)笑

<おまけ>
やってみましたよ。裁縫リベンジ。
特に縫うものは無いですが、針に糸を通してみました。笑
ギューって見てた前回の感覚はありません。

 

普段から問題なく見えて生活できていると思っていましたが、
私の場合、裁縫で眼を酷使した事をきっかけに、調節力の低下に気が付いてしまいました。

何がきっかけで気が付くか、それがいつから気になるかは人それぞれだとは思いますが、
年齢やライフスタイルに合わせたメガネの使用が大切です◎

・スマートフォンの画面を長時間見る
・パソコンやデスクワークなど、長時間集中して手元を見る
・疲れ目を感じる

そんな方へも、アイアシストレンズはおすすめです。
酷使している眼をやさしくアシストしてくれますよ💕

ご興味ある方は、眼科様や眼鏡店様、東海光学窓口などにご相談してみてくださいね☆


タグ: , ,