ルティーナ

ホームメガネレンズ › ルティーナ

ルティーナ

ルティーナ

日本における代表的な眼疾患

健康を奪う眼疾患には、実にさまざまな種類が存在しています。なかでも、加齢黄斑変性は、身近でありながら恐ろしい眼疾患のひとつ。眼の中にあって、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって、この疾患が引き起こされるという報告があります。

野菜

ルテインは、黄色のカロテノイドの一種です。
一般的には、緑黄色野菜に多く含まれています。

そのルテインは、緑黄色野菜、とりわけ、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取以外では、体内で産生することができず、眼の健康のために、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。そこでTOKAIは、紫外線をカットするだけではなく「ルテイン」の損傷を抑制する、からだ想いのケアレンズを開発しました。TOKAIが提案するアイケアデザインが、これからのメガネレンズのスタンダードを創っていきます。

≪一般的なレンズを装用した眼≫

一般的なレンズを装用した眼

光(HEV)によって酸化ストレスをうけ、
ルテイン劣化が起きやすい。

≪ルティーナを装用しつづけた眼≫

ルティーナを装用しつづけた眼

光(HEV)をカットすることで酸化ストレスを軽減し、
ルテインを保護します。

※イラストはイメージです。


酸化ストレスやルテイン劣化に影響を与えるHEV(High Energy Violetlight)

各国ドクターの研究によって、光から眼を守る重要性が報告されています。

ドレスデン工科大学
カール・グフタフ・カールス医学部
解剖学研究所 所長

リチャード・H・W・フンク
医学博士


健康を維持するために、眼組織の障害をなくすことが大切です。

最新の研究により、HEV(High Energy Violetlight)は網膜の構成層の境界(特に視細胞層と網膜色素上皮層)において、酸化ストレスを引き起こすことが分かりました。Funkらのグループは、標準化された細胞培養によるラボ実験において、411nmの短波長光に曝した場合には、470nm波長光に曝した場合よりもニューロン網膜細胞が強い酸化ストレスを受け、細胞死(アポトーシス)の兆候が認められることを示しました(図1;Funk2011a)。さらにFunkらのグループは、411nm波長光への暴露により、網膜組織の構造の歪みが引き起こされたことを確認しています。

以上の事例は、動物実験や細胞培養実験から、ヒト網膜内でも起こり得る現象であり、加齢黄斑変性が進行する要因の一つと考えられます(Wuetal. 2006, Jarett and Boulton 2012)。また最新のinvitro研究によると、短波長光の照射により、皮質白内障の原因である活性酸素種の生成、DNA損傷及び水晶体上皮細胞の細胞死が開始することが示されています(Xie et al. 2014)。以上のように、眼組織の障害の引き金となる可能がある400nm-420nmのHEVをブロックすることは非常に重要であるといえます。

自然科学研究機構
特任教授 医師 医学博士

小泉 周

医学生理学や脳神経科学の研究に従事。特に網膜の視覚生理学が専門分野。


サプリメントを摂取するように、レンズで眼を健康に保つ効果が期待できます。

多くの眼疾患や眼の老化現象の原因は、活性酸素、特に過剰な一重項酸素の発生による酸化ストレスが原因であると考えられています。一重項酸素は、紫外線や可視光の中でもエネルギーの強い短波長光によって産生が促進されることが分かっています。この一重項酸素による酸化ストレスを抑制するものとして、ルテインの存在があります。また、網膜では、加齢とともに網膜色素上皮内にリポフスチンと呼ばれる老廃物が蓄積します。これが光増感物質として、作用し、一重項酸素を発生させると考えられています。

リポフスチンは可視光~紫外線にかけて、波長が短くなるほど吸収が高くなる、という特性を持っています(グラフ)。この部分の波長を網膜より手前でカットすることにより、一重項酸素の発生を効果的に抑制し、網膜中のルテインの消失を防ぐことが期待できます。ルテインも同様に紫外線~青色光を吸収する色素(グラフ赤線)であり、この波長範囲の光をカットすることで、劣化を抑えることが期待できます。

ルティーナは、従来の一般的な眼鏡レンズにおける400nmまでの紫外線をカットする機能に加え、さらに400~420nmの光をシャープにカットする機能を持っています。400~420nmの光は、ルテインとリポフスチンの光吸収特性がオーバーラップする波長範囲であり、効果的に活性酸素の発生や、ルテインの劣化を抑制します。また、400~420nmの光は、可視光の中でも感度の低い波長であり、暗所視機能の低下や、最近研究が盛んにおこなわれているサーカディアンリズムへの影響も少ない波長です。何より、レンズへの着色が最小限に抑えられています。

ルティーナを日常的に装用することは、サプリメントを摂取するように、眼を健康に保つ効果が期待できると考えます。


聖隷浜松病院 眼科部長 医学博士 尾花 明

黄斑色素量は加齢とともに減少する

黄斑色素量は加齢とともに減少

黄斑色素は年齢とともに減少しやすく、60歳以上は20歳代、40歳代よりも色素量が少ないことが示されています。

加齢黄斑変性と黄斑色素の関係性

加齢黄斑変性患者は黄斑密度が低い

光による酸化ストレスが視細胞や網膜色素上皮細胞を傷害することが加齢黄斑変性の発症に深くかかわっています。加齢黄斑変性患者は同年代健常者よりも色素量が少なく(上図)、片目が加齢黄斑変性の方では、病気が発生していない反対側の眼の色素量も少ない結果でした。このことから色素量と加齢黄斑変性には関係があり、色素量の少ない方は加齢黄斑変性を発症しやすいと推測されます。つまり高齢者ほどルテインを含む黄斑色素をしっかりと眼に蓄えておくことが重要です。

黄斑色素を守るにはどうしたらいいの?

光による酸化ストレスを減らして、黄斑色素を守るにはどうしたらよいのでしょうか?解決策のひとつがルティーナの装用です。ルティーナは従来の一般的な紫外線カット付き眼鏡レンズの機能に加え、400~420nmの光を効率にカットする機能を持っています。これらの光をカットすることで黄斑色素を保護し、酸化ストレスから眼を守る効果が期待できます。

なぜ「ルティーナ」が評価されるの?

コントラスト感度とは?

黄斑色素は網膜の中での光の散乱を抑えるため、色素の多い人はコントラストといって白黒の区別がはっきりする(ぼやけの緩和)上、夜間に生じるグレア(例えば対向車のライトがまぶしかったり、電球の光がぎらぎらすること)が弱くなります。ルティーナはルテインを含む黄斑色素の減少を防ぐとともに、グレアの元となる光をカットするので、ものを見るのに有用です。


取扱店舗一覧
調光レンズ ルティーナ フォト
ルティーナ フォト ロゴ
ルティーナ フォト 説明
ルティーナ / ルティーナ フォトの商品ラインアップ


商品ラインアップ一覧表(pdf)

下記の設計のレンズは2020年6月1日発売開始です。
・レゾナスX Premier
・レゾナスXi
・レゾナスX フィット Premier
・レゾナスX フィットi
・レゾナスX プレッソ Premier
・レゾナスX プレッソi

ルティーナ 取扱店舗一覧
取扱店舗一覧
メガネレンズに関するお問い合わせはこちらです。