室内の灯りがまぶしい

ホームお悩み・困りごとから探す光がまぶしい › 室内の灯りがまぶしい
室内(照明・デジタル機器など)がまぶしい

屋内のLED照明がまぶしく感じる!デジタル機器とかしこくお付き合いしませんか

ブルーライトとは

ブルーライト(青色光)とは、太陽光をはじめ、照明や様々なデジタル機器から発し日常生活にあふれています。
ブルーライトとは、380㎚から500㎚の短い波長の光線で、まぶしさを感じやすい可視光線のことです。
波長が短いことから大気中のホコリや水蒸気にぶつかりやすく、また散乱しやすいためまぶしさやチラツキを感じます。

LEDの光の特徴

照明やテレビなどに採用されているLEDは、省エネ効果に優れていることから広くオフィスや家庭で使用されていますが、
より明るく見せるためブルーライト(青色光)が多く含まれています。
またLEDの照明は、一般的な従来の照明より光が集中し直接的であることからもまぶしさを感じる人が多いようです。

対策・改善
  • 室内での対策には、ライフスタイルやまぶしさの程度に合わせたメガネレンズを選択しましょう
  • カラーレンズではブルーライトを吸収して、コーティングでは反射することによってまぶしさが軽減されます。
  • また照明やテレビ・スマートフォンなどのデジタル機器が発する光の強さや色合いも調節しましょう。