トピックス

夜間運転用カラーレンズに、外面非球面設計「ベルーナSV-AS アクティビューナイトドライブ」3月2日新発売

2015年2月27日

東海光学(株)は、好評発売中の夜間運転用のレンズ「アクティビューナイトドライブシリーズ」に、よりリーズナブルな外面非球面設計レンズ「ベルーナSV HX-AS アクティビュー ナイトドライブ」を3月2日に新発売いたします。

夜間ドライブ時によるまぶしさの主な原因は、対向車のヘッドライトであり、近年のヘッドライトの進化によりとても明るいものになりました。最近ではハロゲンライトよりディスチャージライト(HIDライト・キセノンライトなど呼び名は様々)が多く搭載され、ハロゲンライトに比べ波長が特徴的でスペクトルの中の青色光を多く含む対向車のディスチャージライトにより、まぶしさを感じやすく夜間運転時のストレスを高めてしまうことになります。

この「アクティビューナイトドライブシリーズ」は、夜間ドライブ専用カラーとして開発され、まぶしさの主原因となるヘッドライトの波長を選択的にカットすることで、まぶしい光を抑え、暗所視比視感度の高い波長(夜間明るさを感じる510nm付近の光)をより透過させることで、視界が暗くならずにヘッドライトのまぶしさを抑えることに成功しています。

「アクティビューナイトドライブシリーズ」は、まぶしさ抑えながら視界を暗くさせない夜間運転用レンズです。ライトのまぶしい光を抑え、明るさを確保することで、対向車のライトやバックミラーの反射がまぶしくなく、横断歩道の人も見やすく、夜間ドライブも安心のレンズです。

そこで今回、好評発売中の夜間運転用のレンズ「アクティビューナイトドライブシリーズ」に、新たに外面非球面設計の「ベルーナSV HX-AS アクティビュー ナイトドライブ」を発売することで、内面累進レンズ「ベルーナMF HX アクティビュー ナイトドライブ」、内面非球面設計の単焦点レンズ「ベルーナSV HX アクティビュー ナイトドライブ」と合わせて3種類となり、バリエーションを充実させることができました。

ライトのまぶしさを抑え、明るさを確保した夜間運転用カラーレンズに、リーズナブルな外面非球面設計を追加

「ベルーナSV HX-AS アクティビュー ナイトドライブ」の特長

・屈折率1.60素材の外面非球面設計単焦点レンズ(新UVカット標準仕様)
・夜間ドライブ専用カラーの練り込みタイプの開発により、ヘッドライトの波長を選択的にカット
・ナイトドライブ専用カラー(視感透過率84% 練り込みタイプ)のみ
・対向車のヘッドライトやバックミラーの反射を軽減、残像が残らず快適な視界
・まぶしさを抑えながら視界を暗くさせずに明るさを確保、人が見やすく夜間ドライブも安心
・汚れを防ぐ快適コーティング、プロガードコートを標準仕様

詳細につきましては「アクティビュー」の説明ページをご覧ください。

この商品についてのお問い合わせは、お客様相談室又は、【レンズに関するお問い合わせ】ページを、ご利用ください。

お客様相談室 0564-27-3050
受付時間:月曜日から金曜日の10時から17時まで(祝祭日、12月31日から1月3日を除く)