ブルーライトダメージコントロール (BDC)

ホームメガネレンズ機能コーティング/機能カラー › ブルーライトダメージコントロール (BDC)

眼の負担を軽減するブルーライトカットコーティング

眼の負担を軽減するブルーライトカットコーティング

あなたの眼の負担 ブルーライトが原因かもしれません!

省エネ化やLED端末の普及により日常生活には
眼への負担が懸念されるブルーライト(青色光)があふれています。

ブルーライト

「ブルーライト」とは、

ブルーライトとは、380~500nmの波長の短い青色の光のことです。目に見える光の中で紫外線に一番近く、眼への負担が心配されているエネルギーの強い光で、特にパソコン、スマートフォンなどのLED ※ディスプレイの光に多く含まれています。

※Light Emitting Diode(発光ダイオード)の略

「ブルーライト」は大気中のホコリや水分などにぶつかりやすく散乱しやすいため、まぶしさやチラツキの原因となり、像の輪郭がボヤケてしまいます。

ブルーライト

スマートフォンやパソコンのように光源と眼の距離が近いLED端末ほどブルーライトの影響がより大きく長時間・直接見続けることによる眼への負担が心配されています。

ブルーライト

あなたの眼も気づかないうちにブルーライトを浴びています。

ブルーライトはLED光端末の光に多く含まれピークは450nm付近に集中。

光源別分光放射スペクトル

LEDは白く見えてもブルーライトを発している

一般的な白色LED※1は、青色LEDに黄色蛍体を組み合わせて白色光を作り出しているため、白く見えてもブルーライトの比率が高いと言われています。

LEDの強いブルーライトは注意が必要

LEDが発するブルーライトのピークにあたる450nm付近の最も強い光は、網膜に影響を与える可能性の強い領域※2と重なるため、注意喚起されています。

※1 全てのLEDに言えることではありません。
※2 JIS C 7550では網膜に傷害を与える可能性の強い領域として「青色光傷害作用関数」を定義しています。

さあはじめましょう、LEDのブルーライト対策。

LED光源で最も強い450nm付近のブルーライトをカットし眼を守る

BDC分光透過率曲線

*屈折率1.60平板 中心厚2mmの場合
※ブルーライトカット率は、「日本医用光学機器工業会 青色光カットに関するガイドライン」に準ずる。

ブルーライトカット効果により、まぶしさ、チラツキを軽減

ブルーライトカット効果により、まぶしさ、チラツキを軽減


有害光線も効果的にカットし美肌のための目元対策。

ブルーライトカットに加えてプラスαの快適機能を標準仕様

さらに組み合わせで効果アップ!

こんな悩みありませんか?