スキー・スノーボード向け
スキー・スノーボード向け

こんな方にオススメ!

  • 晴天時の雪面の反射光が気になる
  • スキー・スノーボード中やその後に、目に異常を感じた経験がある
  • 滑走中の視界をもっとクリアにしたい
  • ゲレンデと屋内での掛け外しの手間を省きたい

こんなお悩みはありませんか?

スキーなどのウインタースポーツを楽しんだ後に、目が充血したり涙が止まらなくなることがあります。スキー・スノーボードに適したレンズがあれば教えて下さい。

スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむ上で欠かせないのは、紫外線対策。アスファルトや芝生などに比べ、雪面は紫外線が多く反射するため、対策を怠ると目に大きなダメージを与え、「雪眼炎」や視力低下の原因となります。

紫外線の強い雪山でウインタースポーツを快適に楽しみたい方には、2010年5月に発売をスタートした遮光オーバーグラス「Viewnal by STG」をおすすめします。

普段お使いのメガネの上から重ねてかけられる形状になっており、圧迫感がありません。

さらに、テンプル横の部分にも同じレンズがはめこまれているため、側面の視界も保たれています。レンズカラーは、まぶしさの原因となる雪面の青みを抑え、コントラストをはっきりさせる効果のある暖色系カラー(LY・YL)が適しています。

また、調光機能を備えた「トランジションズS」、「レゾナスHX トランジションズS」は、太陽光の強さに合わせてレンズの色の濃さが変わるため、滑走中はまぶしさを抑え、室内での休憩中は普段お使いのレンズとほとんど同じかけ心地に。UVカット機能も施されているので、目への負担を大きく軽減します。

調光材の色変化

 具体的な使用レポートについては『お客様相談室からのワンポイントアドバイス「スキー・スノーボードにベストなメガネとは?」』をご覧ください。


このページを見た人は下記のページも見ています