メガネレンズ
マイナス強度レンズを美しく見せる
(左)ファインエッジ加工(右)通常加工

「ファインエッジ加工」とは、近視強度の方のさらなるご要望をかなえるため、光学上使用しない部分のコバを削るため、視野を損なうことなくフチ厚を低減し、マイナス強度レンズを薄く美しく見せるフチ厚低減加工です。

今回は、もっともフチ厚低減領域を大きく取った「スペシャル」タイプと通常品を比較してみました。耳側と鼻側の厚みが通常加工(右)と比べて違うのが良くわかります。

シミュレーションの条件
レンズ:
 ベルーナZX-MU(S) 屈折率1.76 度数-12.00
フレーム:
 横幅サイズ 52ミリ 縦幅サイズ 27ミリ

フレームサイズ、屈折率、度数の組み合わせを変えた計81パターンの仕上りイメージもご覧いただけます。

■新ファインエッジ加工は3タイプより選択可能

お好みに合わせてお選びいただけます。

1.スペシャル(極薄型タイプ)

視野を損なうことなくフチ厚を極限まで薄くします。
加工面にもマルチコートを施すことで、正面から見たときの渦は軽減されます。
(注意)磨きを掛けた時の境目は残ります。

スペシャル(極薄型タイプ)のイメージ図

2.スーパー(薄型タイプ)

視野を損なうことなくフチ厚をより薄くします。
加工面にもマルチコートを施すことで、正面から見たときの渦は軽減されます。
(注意)磨きを掛けた時の境目は少し残ります。

スーパー(薄型タイプ)のイメージ図

3.ナチュラル(従来薄型タイプ)

視野を損なうことなくフチ厚を滑らかに薄くします。
滑らかにした加工面にもマルチコートを施すことで、正面から見たときの渦や、磨きを掛けた時の境目が生じません。

ナチュラル(従来薄型タイプ)のイメージ図

また従来のフルリムから、ナイロール、リムレスにも対応できます。



アイケアレンズ

アイアシストレンズ

両面非球面レンズ

内面非球面レンズ

非球面単焦点レンズ

単焦点レンズ