メガネレンズ
眼の負担を軽減するブルーライトカットコーティング

2017年12月1日発売開始

「ブルーライト」は、
LED光端末の光に多く含まれています。

ブルーライトとは、380~500nmの波長の短い青色の光のことです。可視光線の中で紫外線に一番近い波長域で、眼への負担が心配されているエネルギーの強い光で、特にパソコン、スマートフォンなどのLEDディスプレイの光に多く含まれ、ピークは4 5 0 n m 付近であることが分かります。

光源別分光放射スペクトル

「ブルーライト」は、
まぶしさやチラツキの原因になります。

短い波長の「ブルーライト」は大気中のホコリや水分などにぶつかりやすく散乱しやすいため、まぶしさやチラツキの原因となり、像の輪郭がボヤケてしまいます。中でも、LEDのディスプレー画面は、より明るさを強調するため散乱率が高く、エネルギーの強いブルーライトを発しており、眼への負担が懸念されています。

粒子にぶつかりにくい波長が長い光(赤い光)/ 粒子にぶつかりやすい波長が短い光(青い光)

現代人の眼は、
気づかないうちにブルーライトの光をあびています。

 LEDの性質1 一般的なLEDは白く見えても青色光を発光

現在、多く普及している一般的な白色LEDは、青色LEDに黄色蛍光体を組み合わせて白色光を作り出しているため、白く見えても青色光の比率が高いと言われています。


 LEDの性質2 LEDの450nm付近の強い青色光は注意が必要

LEDが発する青色光のピークにあたる450nm付近の最も強い光は、網膜に影響を与える可能性の強い領域と重なるため、注意喚起されています。

 LEDの性質3 人の眼はLEDの強い青色光を自覚しにくい

LEDが発する青色光のピークである450nm付近は人の視感度が低い波長領域に有り、強い青色光を受けてもそれほど自覚がないため、知らないうちにダメージを受けてしまう可能性があります。

強いブルーライトを長時間、直接見続けることによる、眼への影響が心配される中で、メガネレンズによる対策が必要とされています。

ブルーライトダメージコントロール(BDC)の特長

ブルーライトを効果的にカットし、
まぶしさ、チラツキを抑えてコントラストをアップ

乱反射を起こしやすく、強いエネルギーを持つブルーライトをカットすることで、まぶしさを軽減。コントラストが強調され、物がくっきり見えます。

UVカットレンズでは防げない ブルーライトを効果的にカット

紫外線のカットはもちろん、眼に対する負担が懸念されるブルーライトを効果的にカットします。

ボヤケを解消してクリアな視界

光は波長により焦点距離が変わります。赤色が網膜上に焦点を結ぶ時、短い波長のブルーライトは網膜の手前で焦点を合わせてしまうため、ボヤケが起きます。ブルーライトをカットすることで、焦点距離の差が小さくなり、物が見やすくなります。

眼を守る機能に加え、見え方、見られ方も大切に

ブルーライトカット率を上げてもYI値を抑え自然な視界を確保

YI値14.7にキープすることで、黄色みを抑えた常用可能な色を実現しています。

※YI(黄色度)は無色から色相が黄方向に離れる度合い

反射光を極力抑えギラツキが少なく自然な外観

反射を極力抑えることで、見た目のギラツキが少なく人から見られた時も自然で、ビジネスからプライベートまで使用可能です。


ブルーライトカット機能に加え、プラスαの快適機能を標準仕様
こんな方におすすめします