目のケアも考えた新しい高機能カラー (前編) アクティビュー ウォーキング・ゴルフ・ドライブ

東海光学顧客センターの柴田と申します。眼鏡店さんの窓口の仕事をしております。いつものお客様相談室の水谷とは違った視点での体験談をお届けさせていただきます。

今回は、趣味などの活動で眩しい光を抑えたいし、目のケアも考えたいという方にお勧めの新しい高機能カラーをご紹介します。

そのカラーは、「アクティビュー」といいます。

名前の通り、アクティブに余暇を楽しみたい方に目を労わりながら過ごして頂きたいという思いを込めてお伝えしていきます。

アクティビューは、眩しいと感じる光を効果的にカットした特別な染料を使用しております。眩しさの原因となる400~500nmの青色光線を効果的にカットし、明るさを感じる中間波長は通すことで明るさを保ちつつ、色のコントラストが向上し鮮明な視界を確保できます。青色光線を防ぐので疲れ目予防にも最適です。

カラーバリエーションは、全6色ご用意がございますので、それぞれの用途に合わせてご使用いただけます。今回は前編としまして、ナイトドライブ以外のアクティビューウォーキング、ゴルフ(濃度は3種類あります)、昼間運転用のドライブの5色をまずご紹介致します。

弊社社員が実際にアクティビューを体験しましたので、その生の声をできる限りお伝えします。 また、アクティビューから見た景色をカメラで撮影しましたので、参考にご覧ください。

※写真がきれいに撮れず申し訳ございません。
※弊社社員の感想はあくまで個人的な感想です。
※写真で見たものと実際にかけた時の印象は異なりますので、ご注意ください。

★アクティビューウォーキング★

日々の生活、運動不足の解消にウォーキングを取り入れているという方も多いのではないでしょうか。ウォーキングには脂肪燃焼効果やリラックス効果、また新しい風景を見ることで脳を活性化させる効果があると言われています。

★ウォーキングの色味
(濃度約45%)

見た目は少し濃いブラウン系の色ですが、実際にかけてみると周りの景色が見えにくい印象はありません。

★見え方を比較しました

ウォーキング使用時の方が、景色全体の色が濃くなりコントラストがはっきりすることがわかりました。光の反射で見にくかった路面や白い塀が見やすくなっています。

★弊社社員が使用した感想

  • 顧客センター:Mさん(20代女性)  (球面S-3.75度付き使用)
    「普段からメガネは使用していますが、通常のカラーレンズに比べて、本当に明るくて視界に違和感がありません。出先でアクティビューウォーキングをかけたままお店に入った時、お手洗いで鏡を見るまで、かけたままだってことに気付かないくらいでした。」
  • 顧客センター:Tさん(20代女性)  (度なしレンズ使用)
    「色がブラウン系だから普段使いし易かったです。名古屋の街中まで出かけた時もアスファルトの照り返しが気にならなくて、長時間外にいても目が疲れなかったです。
    また地下鉄のような少しくらい場所でも掛けたままで不自由なく移動できました。」

ぱっと見た第一印象はやや濃い目でいかにもサングラスカラーという印象ですが、「かけた時の印象がとっても明るい!」というのが共通の感想でした。カラーの判別も可能ですので、周りの景色も楽しみながらウォーキングが可能です。山歩きや散歩はもちろん、お買い物や旅行など、ちょっとした外出時にもピッタリなカラーということが分かりました!!道の凹凸もスッキリ見えますので、「デコボコ道を歩く時、足元が心配」という方にもお勧めです。

★アクティビューゴルフ★

幅広い年齢層で人気の高いゴルフのために、専用のカラーを3種類ご用意しております。

  • 季節や天気を選ばずオールマイティーに使用していただけるオリジナルブラウン
  • 曇天にも向いているライトブラウン
  • 晴天向きのダークブラウン

★アクティビューで目の健康を守りましょう

ビル街などと比べてゴルフ場は紫外線の量が多く、日焼け対策をしている方をよく見かけますが、眼への紫外線対策を行っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

強い紫外線を慢性的に受け続けることで「白内障」などの病気になることもあります。

アクティビューゴルフであれば紫外線を遮りつつ、コントラストを上げるので白いボールがとても探し易いだけではなく、特に晴れた日の芝目は日の当たっている部分と影の部分がくっきりし芝目がかなり見やすくなります(もうスコアの言い訳はできませんね)。また明るさは残すのでスコア表も確認し易いです。

★ゴルフオリジナルブラウンの色味
(濃度約30%)

濃くもなく薄くもなく程よい感じです。曇ってきても暗さを感じさせません。

★ゴルフライトブラウンの色味
(濃度約15%)

見た目は薄いですが、かけてみると結構コントラスト効果を感じながらまぶしさも意外に軽減していることに驚きました。

★ゴルフダークブラウンの色味
(濃度約65度)

実際にかけてみると景色全体が薄い茶色に見えて、優しい印象を受けます。見た目ほど濃さを感じさせません。

★見え方を比較しました。 ※この写真はオリジナルブラウンを使用しています。

会社の芝生になっている場所で撮影しました。実際のゴルフ場ではなくて申し訳ございません。写真ではわかりづらいですが、ウォーキング同様、色の濃さがはっきりしています。起伏も認識しやすいです。

★弊社社員が使用した感想

  • 顧客センター:Oさん(50代男性)オリジナルブラウン使用
    「オリジナルブラウンを使ってみました。少し曇り空でしたが、暗くなるどころか逆に緑がよく映えて、明るく見えるくらいでした。ゴルフ場だけでなく、行き帰りの運転も快適でした!」
  • IT推進部:Kさん(30代女性)ダークブラウン使用
    「サングラスがないと眩しい日でした。普段のサングラスは暗くなりすぎてしまいますが、アクティビューは暗くならず、眩しさはしっかりカットしてくれました。
    コントラストも裸眼の時よりもはっきりしてとても快適にゴルフを楽しめました!!お友達にもかけてもらったところ「これほしい!!」と言ってもらえました。」

アクティビューウォーキングと同様に、アクティビューゴルフも「明るい!」というのが1番の感想でした。明るさを保ちながら視界を確保できますので、芝目とグリーンの起伏がはっきりします。また、ゴルフ場での使用はもちろん、車での移動中にもとっても便利なカラーということが分かりました!!今回使用したのはオリジナルブラウンとダークブラウンですが、ライトブラウンは昼間のまぶしさは少し残りますが、夜間運転も唯一可能なカラーです。

★アクティビュードライブ★

運転中にサングラスを使用する方は多いですが「サングラスだと視界が暗くなってしまう」「色味が変わると信号機などが心配」などというお声をよく耳にします。

アクティビュードライブは、色味の変化を抑えつつ、赤味を感じる光を透過していますので、信号機やブレーキランプの赤色の識別もできるようになっています。

★ドライブの色味
(濃度約60%)

濃いグレー系の色です。
実際にかけるとまぶしさが抑えられて、物がはっきり見えるので、目が守られている感じがします。

★見え方を比較しました

日差しが強い時に駐車場で撮影しました。写真を見ると完全にまぶしさを抑えられているわけではありませんが、メガネ不使用時に比べるとまぶしさ軽減の効果がわかります。路面がはっきり見えています。

★弊社社員が使用した感想

  • 顧客センター:Sさん(40代男性)
    「今まで運転中にはブラウン系のサングラスを使用していました。(濃度約65%)
    その違いとしましては、アスファルト道路の色が濃く見え、白いセンターラインがはっきり見えるようになったこと、また景色全体的に落ち着いたすっきり感があり楽に感じるといったところでしょうか。
    また今までは屋外から立体駐車場に入ると視界が暗く感じて、心配なのでサングラスは外して駐車していました。アクティビュードライブは外さなくても視界が明るかったです!赤信号や車のブレーキランプも確認し易かったです。車内のメーターゲージパネルやナビゲーションモニターも問題なく使用できました。夕方、西日の眩しさを確認する為に西の方角へ走ってみました。太陽が直接入り込むとやはり眩しかったですが、車のサンバイザーと併用することで、眩しさはかなり軽減できました。」

弊社社員の感想は暗い場所でも運転できたと述べていますが、アクティビュードライブは夜間運転不適合のカラーになります。昼間でも暗い場所での運転にはご注意お願い致します。

ドライブシリーズには昼間用と夜間用のナイトドライブというカラーもございます。

次回ご紹介致しますので、併せて見て頂けると幸いです。

このような体験談を通し、眼鏡作りに悩まれている方に少しでもお役に立てばと願っておりますので、ご質問やリクエストなどございましたらご連絡ください。どうかよろしくお願いします。

◆お電話の場合
お客様相談室 0564-27-3050
受付時間:月曜日から金曜日の10時から17時まで
(祝祭日、GW、お盆、年末年始を除く)

◆メールの場合
メガネレンズに関するお問い合わせはこちらです。

次回のワンポイントアドバイスは「目のケアも考えた新しい高機能カラー(後編) アクティビュー ナイトドライブ」です。

2014年 10月 初版

遮光眼鏡

オーバーグラス

シニアレンズ

調光レンズ・偏光レンズ

機能カラー

機能コーティング

その他

人気記事TOP10

このページを見た人は下記のページも見ています