レンズ取扱説明

レンズ取扱説明

警告マーク
誤った取扱をした時に重傷・失明など重大な結果になる可能性があることを示しています。

重要な注意マーク
誤った取扱をした時に障害を負う可能性や物的損害の発生が想定される事を示しています。

一般的な注意マーク
一般的な注意が必要なことを示しています。

特定の行為の禁止マーク
特定の行為の禁止を示しています。

特定の行為の義務付けマーク
特定の行為の義務付けを示しています。


1.ご使用上の注意(全てのレンズ)
警告マーク

■衝撃にご注意ください

プラスチックレンズもガラスレンズも強い衝撃を受けると割れて、破片で眼や顔に重傷を負う可能性があります。

失明などに至る場合もありますので、激しいスポーツなど、破損の可能性がある場合は保護具(ゴーグルなど)と併用してください。特定の行為の義務付けマーク保護具と併用

衝撃にご注意ください


警告マーク

■太陽や強い光を直視しないでください

無色、カラーレンズの濃淡や紫外線カットの有無にかかわらず太陽や強い光を直視しないでください。眼に重傷を負ったり、失明に至る場合もあります。特定の行為の禁止マーク禁止


重要な注意マーク

■運転・操縦などはメガネに慣れてから行ってください

見え方や使い方に慣れないうちは、距離感が異なることがあります。運転や操縦などには違和感を感じなくなってからご使用ください。万一慣れない場合には購入店に改めてご相談ください。特定の行為の義務付けマーク相談


重要な注意マーク

■キズついたレンズは使用しないでください

キズやシミが目立つようになったレンズは使用しないでください。視力が低下したり、光が乱反射して見にくくなります。特定の行為の禁止マーク禁止

キズついたレンズは使用しないでください


一般的な注意マーク

■プラスチックレンズは熱にご注意ください。(60℃以上)

炎天下の車内や砂浜など直視日光や高温の中に置かないでください。レンズが変形し、見え方に悪影響を及ぼしたり、フレームからはずれたりする場合があります。サウナでの使用も避けてください。また熱湯でレンズを洗ったり、ヘアドライヤーなどの熱風をあてないでください。高温(60℃以上)にさらされたり、急激な温度差にあうとコート膜がひび割れる原因となります。特定の行為の禁止マーク禁止

プラスチックレンズは熱にご注意ください。


一般的な注意マーク

■下に向けて置かないでください

置く時はレンズの表面を必ず上に向けてください。下に向けるとキズの原因になります。特定の行為の禁止マーク禁止

下に向けて置かないでください


一般的な注意マーク

■雨やお風呂で濡れた時は

レンズが水で濡れたらすぐに拭き取ってください。乾いてしまうと水あとがシミのように残り、見にくくなります。特定の行為の義務付けマーク拭く


一般的な注意マーク

■汗や整髪料がついたら

汗、レモンなどの果汁、ヘアスプレー、整髪料、化粧品、カビ取り剤、薬剤(シンナー、トイレ・浴用洗剤)などがついた時は、すぐに水洗いをして、付着物をよく落として拭き取ってください。そのままにしておくとシミなどが残り、取れなくなったり、コート膜がはがれたりします。特定の行為の義務付けマーク洗って拭く

すぐに水洗い


一般的な注意マーク

■拭く時は…

専用レンズ拭きかティッシュペーパーで軽く拭きます。ゴミやホコリがついている時は、まず水洗いしてからすぐに拭いてください。特定の行為の義務付けマーク拭く

専用レンズ拭きかティッシュペーパーで軽く拭きます


一般的な注意マーク

■汚れた時は…

汚れのひどい場合は中性洗剤を薄めた液で洗い、そのあと水洗いをして拭き取ります。アルカリ系の洗剤(石けん、ハンド・ボディソープ等)、酸性洗剤は使用しないでください。コート膜を劣化させ、はがれる原因となります。特定の行為の禁止マーク禁止

中性洗剤を薄めた液で洗い、そのあと水洗いをして拭き取ります


一般的な注意マーク

■定期点検のおすすめ

プラスチックレンズは経年変化によって収縮・変色など起こる場合があります。1年毎を目安に、購入店で定期点検をお受けください。特定の行為の義務付けマーク点検

定期点検のおすすめ


2.カラーレンズご使用上の注意
カラーレンズは屋内の暗い場所、トンネル内や、夕暮れ時、夜間の運転には不適当です。場合によっては光量不足で視力が低下し大変危険です。ご注意ください。
警告マーク

■車を運転時のご注意

濃度約25%以上(視感透過率75%以下)のレンズは夕暮れ時や夜間の運転には使用しないでください。特定の行為の禁止マーク禁止


警告マーク

特殊カラーレンズは信号の識別がしにくくなりますので、運転などには使用しないでください。特定の行為の禁止マーク禁止
対象カラー:LY,YL,YG,UG,OY,RO,BR


重要な注意マーク

見え方や使い方に慣れないうちは、距離感が異なることがあります。運転や操縦などには違和感を感じなくなってからご使用ください。万一慣れない場合には購入店に改めてご相談ください。特定の行為の義務付けマーク相談


重要な注意マーク

濃度約92%以上(視感透過率8%以下)のレンズは昼間の運転にも充分にご注意ください。特定の行為の禁止マーク禁止


重要な注意マーク

特殊カラーレンズは個人により、効果がことなりますので、異常を感じた場合はすぐに使用をとりやめ、購入店にご相談ください。特定の行為の禁止マーク禁止
対象カラー:
LY,YL,YG,UG,OY,RO,BR,NA,AC,FL,TR,SA,SC,NL,FR

運転にも充分にご注意ください


3.偏光レンズご使用上の注意
レンズ内の偏光フィルターにより、一定方向の光の乱反射をカットし、まぶしさをやわらげます。
警告マーク

■カラーレンズと同様です。運転にはご注意ください。


重要な注意マーク

■車のフロントガラスの種類によっては歪みが見える場合があります。

車のフロントガラスの種類(熱強化ガラス)によっては歪みが見えるものもあります。その場合は視界が悪くなりますので使用しないでください。特定の行為の禁止マーク禁止


一般的な注意マーク

■水や超音波洗浄器には漬けないでください。

濡れた時は、すぐに拭き取ってください。水分の影響により変質し、使えなくなることがあります。特定の行為の禁止マーク禁止

水や超音波洗浄器には漬けないでください


一般的な注意マーク

■携帯電話、パソコンなどの液晶画面は角度によっては見にくくなります。


4.調光レンズご使用上の注意
太陽光や紫外線を含んだ光を受けると色が濃くなります。色が濃くなった状態から光を遮断しますと、色が淡く戻ります。
警告マーク

■トンネルや暗い場所での使用は危険です

色が濃くなった状態から淡く戻るまで時間がかかります。濃い状態でトンネルや建物の中など暗い場所や夕暮れ時の運転には急に淡くなりませんので、これらの場所や時間では使用しないでください。特定の行為の禁止マーク禁止

太陽光や紫外線を含んだ光を受けると色が濃くなります。


一般的な注意マーク

■調光レンズの色の変化についてのご注意

  • 使用環境(天候・気温・紫外線量)の違いによって、色調および濃度の変化が異なります。
  • 車の種類によっては、フロントガラスの紫外線遮断により、色調および濃度の変化が低下します。
  • 濃くなった状態でメガネケースなど、光を遮断して保管しますと、色が黄色く残りますが、再び太陽光に当てれば元に戻ります。
  • 調光レンズの特徴上、経年変化により色が戻りきらなくなります。

5.遠近両用バイフォーカルレンズご使用上の注意
視線を移動することにより、遠方と近方を見ることが出来るレンズです。

■使用方法

遠近両用バイフォーカルレンズの使用方法

■[A]遠くを見るとき

ごく普通に遠用部を通してご覧ください。

■[B]手元を見るとき

視線を下げ、小玉レンズを通してご覧ください。

■小玉レンズの境目

レンズの遠用部と近用部(中間部)の境目は急激に見え方が変わります。遠近がくるう場合がありますのでご注意ください。

重要な注意マーク

■車の運転の場合は

車の運転時には、遠くから近くまであらゆる条件の視野が必要です。レンズに慣れてからにしてください。万一慣れない場合には購入店に改めてご相談ください。特定の行為の義務付けマーク相談


重要な注意マーク

■階段の昇り降り

階段の昇り降り、段差のある場所は近用部(小玉)を使用しますとピントが合いにくく危険です。レンズの遠用部でご覧ください。特定の行為の義務付けマーク点検

階段の昇り降りにご注意ください


6. 累進屈折力(遠近)レンズご使用上の注意
快適にご使用いただけるよう、各部のバランスを徹底的に研究した累進屈折力レンズです。

快適にご使用いただけるよう、各部のバランスを徹底的に研究した累進屈折力レンズです。

■使用方法

累進屈折力(遠近)レンズの使用方法

■[A]遠くを見るとき

ごく普通にレンズの上部をご覧いただければ、広い視野が得られます。

■[B]中間距離を見るとき

レンズの中心のやや下の方でご覧いただければ、ウインドウショッピングや人との対話も快適です。(できるだけ正面でごらんください)

■[C]手元を見るとき

アゴを前に出す要領で充分に視線を下げてご覧いただければ、はっきりと見えます。(この場合も正面位置で)

■[D]側方部

レンズの側方部は、ゆれ・ゆがみを感じることがあります。その場合は、視線の移動に注意し、ゆれ・ゆがみの感じない範囲でご使用ください。

重要な注意マーク

■車の運転の場合は

車の運転時には、遠くから近くまであらゆる条件の視野が必要です。レンズに慣れてからにしてください。万一慣れない場合には購入店に改めてご相談ください。特定の行為の義務付けマーク相談


重要な注意マーク

■階段の昇り降り

階段の昇り降り、段差のある場所は近用部(下部)を使用しますとピントが合いにくく危険です。レンズの遠用部(上部)でご覧ください。特定の行為の義務付けマーク遠用部使用

階段の昇り降りにご注意ください


7.累進屈折力(中近)レンズご使用上の注意
中近から近くまで顔を動かさずに、視線を上下させることで連続的に見えるレンズです。

■使用方法

累進屈折力(中近)レンズの使用方法

■[A]中間を見る時

室内で少し先を見る時は、レンズの中心部か中心よりやや上部でみてください。アゴを上下させて、ハッキリ見えるところをさがしてください。

■[B]近く(手元)を見るとき

新聞や本などを見る時は、自然に視線を下げてレンズの下部で見てください。

警告マーク

■運転や操縦には、使用しないでください

運転や操縦には絶対に使用しないでください。距離が離れるほど見えにくくなります。特定の行為の禁止マーク禁止

運転や操縦には、使用しないでください


重要な注意マーク

■階段の昇り降り

階段の昇り降りや段差のあるところでは、近用部を使用しますとピントが合いにくく危険です。レンズの中間部でご覧下さい。特定の行為の義務付けマーク注意


8.近用ワイドビジョンレンズご使用上の注意
近用視野の広い、近方(手元)専用のメガネレンズです。

■使用方法

近用ワイドビジョンレンズの使用方法

■[A]近方距離中、約50cm~70cmの距離を見るときはレンズの上部を使います。

■[B]約40cm前後の距離を見るときはレンズの中央よりやや下部を使います。

■[C]より手元を見る場合はレンズの下部を使います。

警告マーク

■運転や操縦には、使用しないでください

近用ワイドビジョンレンズは近方専用レンズですので、車の運転や階段の昇り降り、スポーツ等には使用できません。危険ですので、絶対に使用しないでください。特定の行為の禁止マーク禁止

運転や操縦には、使用しないでください


9.メガネの正しい取り扱い方

■掛けはずしは…

テンプル(つる)を持って顔にそわせながら正面で行ってください。 テンプルは充分に開いてゆっくり掛けはずしてください。この時、テンプルの先で目や顔を突かないようにご注意ください。片方のテンプルを持って無理に行うと型くずれや、ゆるみの原因となります。

ゆっくり掛けはずしてください

■拭き方

レンズを拭く時は、拭く方のレンズの外側を持って、そっと拭いてください。

そっと拭いてください。


このページを見た人は下記のページも見ています