メガネレンズ
その視界、世界唯一。ベルーナ グラナス

より自然な装用感をめざし、
人の感覚と科学をより高次元で融合させた“ベルーナ グラナス”。

ベルーナ グラナスは人間本来のナチュラルな装用感を目指し、
最先端の脳科学で、両眼視野の向上という高度なレンズ設計を実現。
「感覚と科学の融合」から今までにない、より自然な装用感に結びつきました。
累進屈折力レンズは、新次元の領域へ。「ベルーナ グラナス」デビュー。

 ※「ベルーナ グラナス シリーズ」の商品解説ムービーを公開しました

最新の脳科学でメガネレンズを開発

東海光学は世界最先端の脳科学研究が行われている自然科学研究機構 生理学研究所(柿木隆介教授、乾幸二准教授)と共同で、メガネレンズをかけている時に脳の中でどの様に見えているかをテーマに、脳科学の最新の知見を基にした脳磁図(MEG)を使った基礎研究を続けてきました。今回、レンズ周辺部の鮮明さを定量化する技術の開発に成功。新商品「ベルーナ グラナス」はその共同研究の成果によって生まれました。

■脳磁図(MEG)とは
脳内には数億の神経細胞があり、脳はその神経細胞が興奮することによって情報処理を行っています。脳磁図は神経細胞の興奮に伴って流れる電流から起こる磁界の変化を計測、ミリ秒単位・ミリメートル単位の時間・空間分解能で、極めて安全な測定方法によって脳の活動を知ることができます。生理学研究所では306チャンネル脳磁計を用いています。

両眼で見たときのレンズ周辺部の鮮明さを脳科学で評価

数々のプロトレンズの評価を繰り返し、商品化

レンズ周辺部を見た時の鮮明さを示す脳の活動が、最も大きいプロトレンズを基本設計として商品化をしました。

人間本来のナチュラルな装用感を目指し、最新の脳科学で、両眼視野の向上という高度なレンズ設計を実現。

■N式両眼リンク設計とは?

累進レンズの場合、両眼で視線移動をすると、右目はレンズ特有のボケ領域をクリアしても左目がボケ領域にかかり、左右の見え方が違うため、よく見えていない事があります。両眼リンク設計は両眼の見え方を近似化する事で、広くクリアな視界を実現します。

■最新の脳科学から生まれたN式両眼リンク設計

N式両眼リンク設計は、「E.N.スパイラルモデル」により、最新の脳科学から生まれた高度なレンズ設計です。

従来の設計では、左右側方視のボケやゆがみの違いが影響し両眼で見る時に見づらい場合がありました。

両眼で見た時にボケやゆがみが左右同じ様になる設計をし、よりクリアで自然な見え方を実現しました。

※比較写真はすべてイメージです。

お客様の志向やデータに合わせて、きめ細かいご提案ができるデザイン構成です。

■ライフスタイルで選ぶ2タイプ

マイルドタイプとクリアタイプ

■より見やすく、約160パターンから最適設計を自動選択

専用マルチオプティマシステム

ベルーナ レゾナスで開発した「N式ワイド&マイルド設計」を進化させた、遠用度数別・加入度数別に最適な累進面を設計する専用システムです。約160パターンの中からお客様にあった設計を選択します。

※比較写真はすべてイメージです。

「ベルーナ レゾナス」シリーズで培った優れた特徴を継承。

■両面累進+両面非球面設計

度数条件により複雑に変化する累進屈折力レンズを、両面設計で効果的に歪曲補正。単焦点に限りなく近い、スムーズでよりクリアな視界と軽薄化を実現しました。

■N式累進形状非球面(全度数)

プラスレンズの場合は、近用部の歪みが大きいため、近用部を深いカーブで補正することで、歪みを最小限に抑え、遠用部を浅いカーブで調整し、遠近の見やすさのバランスをとっています。(マイナスレンズの場合は、この逆になります)

■Bs-MC(Both side-Maximum Clearly)法

「ベルーナ レゾナス」に取り入れられたMC法を、さらに両面設計に進化させ、単焦点に限りなく近い、スムーズでよりクリアな視界と軽薄化を実現しました。

■N式ワイド&マイルド設計

人間工学に基づいた複合ワイドエリア設計をベースに、新たに脳科学とMC法を取り入れた新設計。遠~中間部までの収差を滑らかに分散し、低収差領域を拡大。それによりワイド感とマイルド感が向上しました。

■9-70加入設定

中間部での度数変化率を一定にし、自然下方位置で加入度数の70%を確保。人間工学に基づいた、目の負担が少ない設計です。

■新フレシキブルインセット設計

一人ひとりの目の個性に合わせる比類なきカスタム設計。インセット量が0.1mm単位(0~5.0mm)で指定でき、近点距離は25~80cmまで指定可能です。

■5タイプのオールラウンド設計

累進帯長を11~15mmまで「1mm」単位できめ細かく設定。装用者にとってのスムーズな切替えを実現するとともに、異なる累進設計からの移行にも柔軟に対応。

■透過光最適設計

レンズを装用した状態で、全面に対して最適な度数となるよう透過光束を評価。網膜上における結像性能の向上と、低ベースカーブ化によるレンズの軽量化を両立し、さらに非点収差を抑え明視域を拡大しました。

■乱視度数別最適設計

乱視度数の全方位に対して光線追跡による収差補正を行う、高性能収差コントロール設計。最適なアトーリック面が可能となり、乱視度数でも視野が広く鮮明になりました。

※比較写真はすべてイメージです。

開発者の声

最先端の脳科学で、両眼視野の向上という高度なレンズ設計を実現させた開発者の声を紹介します。

■新商品のグラナスとはどのようなレンズですか?

ずばり、レゾナスの進化版です。
もともとレゾナスシリーズは累進レンズを初めて使用する方でも使いやすいように、見え心地にとことんこだわって開発をした「脳科学メガネレンズ」です。

今回のグラナスでは、自然科学研究機構 生理学研究所との共同研究による最新の脳科学技術と新設計技術を採用しました。

レゾナスを超える見え心地を実現したことで累進初心者はもちろん、累進レンズを掛け慣れた累進熟練者にも満足していただけるような「最新の脳科学メガネレンズ」として新登場しました。

■レゾナスとの違いを具体的に教えて下さい。

「両眼収差」を最小限に抑えているという点が最大の違いです。
「左右の目で1つの物を見る」、ということを意識した設計がグラナスの鮮明さを実現しました。

■グラナスにはマイルドタイプ設計とクリアタイプ設計がありますがそれぞれの違いを教えて下さい。

マイルドタイプは分散型の設計、クリアタイプは集中型の設計です。
マイルドタイプは、遠方から近方まで視界のゆれ・ゆがみを軽減し、全体がバランス良く見えます。

レゾナス設計のバランスの良さをさらにグレードUPさせたのがマイルドタイプですので、ずばり!!開発者としてはお勧めです。

一方クリアタイプは遠方の視界を重視した設計です。映画鑑賞など長時間遠くを視る場面に適しています。

バランスを重視される方はマイルドタイプ、遠方をはっきりと見たい方はクリアタイプがお勧めですが、お客様のお好みに合わせて選んでいただければと思います。

■グラナスが開発された経緯を教えて下さい。

レゾナスが発売されてから5年間、その間にいただいたお客様のご意見を元に商品を開発しました。

累進レンズ初心者や熟練者、近視や遠視、乱視の方など、累進レンズを使用される方には様々な方がみえます。

その全ての方にとって最も良い見え心地になるよう、様々な設計データを最新の脳科学技術を用いて検証し、遠用度数と加入度数に応じて設定しました。

累進レンズをご愛用いただいている全てのお客様の“見え心地”を追求したレンズがグラナスです。

■最もこだわった、アピールポイントを教えて下さい。

両眼でキレイに見える設計」にこだわりました。

上の図をご確認下さい。(赤い線は視線を表しています)

左目が収差の多い場所を通っているのに対して、右目は収差の少ない場所を通って物を見ています。

こうして起こる左右の見え方の違いが「両眼収差」となり、人はストレスを感じます。

脳科学を用いて何度も検証することで「両眼収差=ストレス」を最小限に抑えました。

■最後に、グラナスにはどのような思いが込められていますか。

一般的に累進レンズはとても便利なのですが、初めて使用される方にとっては少しハードルがあります。

見え心地に慣れるまでに時間を要し、結局諦めてしまうような方も中にはみえます。

累進レンズを諦めてほしくない!!
快適な視生活を諦めてほしくない!!

1人でも多くの方が快適な視生活を送れるように、という思いを込めて開発しました。

東海光学は応用脳科学コンソーシアムの参加企業です。
727-0322 BL0.3


このページを見た人は下記のページも見ています

アイケアレンズ

アイアシストレンズ

両面非球面レンズ

内面非球面レンズ

非球面単焦点レンズ

単焦点レンズ