メガネレンズ
脳も喜ぶ、装用感。遠近両用レンズ「ベルーナ レゾナス」

「NO=YES」プロジェクト、
目指したのは脳まで心地よい装用感。

今までの遠近両用レンズ(累進レンズ)では、満足できなかったお客様へ。

“装用感”という極めてシンプルかつ重要な問題を追求した、「NO(脳)がYES(喜ぶ)」累進レンズ、ベルーナ レゾナスが誕生です。装用感の向上につながる「ボケとゆれ・ゆがみの最適化」のために、最新の脳科学技術を新たに導入。

人間工学に基づいた光学レンズ設計とモニタリングに加え、脳波を測定・解析することにより、脳まで心地良くなる画期的な累進レンズの開発に成功しました。

実験風景写真
E.N.スパイラルモデル
感性スペクトルによる脳波解析で、ココロもカラダも快適な遠近両用レンズを追求。

「真の装用感、究極の快適性を実現するレンズを開発したい」と願う私たちが駆使したのは、脳科学の権威で東京工業大学名誉教授の武者利光博士(脳機能研究所代表取締役社長)が開発し、多くの企業や研究機関から注目を集めている最新のEEG(脳電図)による脳波解析装置「感性スペクトル解析システムESA」です。

ESAは、脳内で起こる電気活動によって生じる頭皮上の電位変化を測定し、人間の感性に関わる3つの脳波(θ波・β波・α波)の変化から、感情の動き(ストレス、リラックス、喜び、悲しみ)を分析する装置。たとえば、視覚的見やすさ感と実際に脳が感じている感情が異なる場合があることなどを伺い知ることができます。これを使用し、脳波解析はNTTデータ経営研究所と共同で実施しました。

具体的には、人間が無意識に感じる感性を定量化するために「ESA」を使って「遠方視・近方視における脳の喜び(装用感)」「遠用側方視における脳のストレス度(ボケ)」や「遠用側方視における脳の不快感(ゆがみ)」について厳密な実験を繰り返し、新開発レンズに至ったのです。

実験結果
ワイド&マイルドな視界で、単焦点に近い掛け心地。

人間工学と脳科学MC法を導入したN式ワイド&マイルド設計により、遠用から中間部を重点的に改善。ボケの少ないワイドな視野と、ゆれ・ゆがみを抑えたマイルドな視界で装用感の向上を実現し、掛け心地を単焦点レンズに近づけました。

N式ワイド&マイルド設計
N式ワイド&マイルド設計による効果
MC法

両面非球面レンズ「ベルーナMUクリアリー」で採用した、見え方重視の非球面をベースに、累進面、累進補正非球面を付加。理想的な非球面から設計することで、単焦点に限りなく近いクリアな視界を実現しました。

MC法の説明
一人ひとりのデータを反映して近方視野を最適化

目の個性や目的距離などのデータをきめ細かく反映する新フレキシブルインセット設計により、両眼視での近方視野が一層向上します。

見え方比較
流行のフレームに対応

遠くから近くまでバランスの良い3タイプの基本設計を用意。遠近両用レンズの経験を問わず、最新流行の小ぶりのフレームもお選びいただけます。

天地幅の説明

※比較写真はすべてイメージです。

脳科学メガネレンズラインナップ

東海光学は応用脳科学コンソーシアムの参加企業です。
727-0322 BL0.3

  ベルーナレゾナス CX ベルーナレゾナス HX ベルーナレゾナス JX ベルーナレゾナス ZX
タイプ 遠近両用レンズ
種類 内面累進屈折力レンズ
設計 内面累進+内面非球面設計(累進帯11・13・15mm指定可能)
カラー 各種カラーに対応。詳しくは眼鏡店でお問い合わせください。
色調機能による分類 無色レンズ
運転不適合 適合(※1)
夜間運転不適合 適合(※1)
素材 プラスチック 高屈折率プラスチック 超高屈折率プラスチック 超高屈折率プラスチック
屈折率 1.50 1.60 1.70 1.76
アッベ数 59 42 36 30
比重 1.32g/c.c. 1.30g/c.c. 1.41g/c.c. 1.49g/c.c.
透過率 98.5% 99.0% 99.0% 99.0%
新UV カット 標準
反射防止コート ハードマルチコート クリーンマルチコート スーパーパワー
シールドコート
オプションのコーティングについては『機能コーティング対応表(pdf)』をご覧ください。
シニア向けメガネレンズの選び方については『お客様相談室からのワンポイントアドバイス「シニアレンズの選び方」』をご覧ください。

東海光学は応用脳科学コンソーシアムの参加企業です。
727-0322 BL0.3



アイケアレンズ

アイアシストレンズ

両面非球面レンズ

内面非球面レンズ

非球面単焦点レンズ

単焦点レンズ