メガネレンズ
「ワイド&ワイド」極限への挑戦 ベルーナセレノネオW
 最適なシニアレンズの選び方
イメージ写真

遠くも近くも「ワイド&ワイド」のベルーナ セレノシリーズが、新たな進化を遂げました。

セレノ基本設計を洗練した「ネオワイドエリア設計」と「両面累進+両面非球面設計」との融合。

さらにワイドで自然な視界を高次元で実現した、シリーズ最高峰「ベルーナ セレノネオW」の誕生です。

イメージ写真

イメージ写真

遠くから手元まで、

ワイドな視界とクリア感を生み出す

「ネオワイドエリア設計」×「両面累進+両面非球面設計」


イメージ写真

ベルーナ セレノシリーズ フルレンジ完成!

セレノシリーズは進化を続け、「両面累進+両面非球面設計」というハイクラスレンズ「セレノネオW」に到達しました。累進レンズの初心者から経験者まで幅広いシニア層へ、4つのセレノが上質な見え心地をお届けします。


イメージ写真
さらにワイドにクリアに
ネオワイドエリア設計 NEW
イメージ写真
セレノの基本設計「複合ワイドエリア設計」を、新採用のDxリファイン・プロセスで性能を向上した「ネオワイドエリア設計」を新開発。遠用側方部と近用入口をさらに広げ、同時に収差を低減することで、よりワイドでクリアに洗練された新設計です。

イメージ写真
Dxリファイン・プロセスは既存の累進面の性能を向上させる新技術。遠近のクリアな領域をさらに広げる「ワイドブースト累進面」と収差を飛躍的に低減する「ハイパークリアネス累進面」を、複合ワイドエリア設計にブレンド。「ネオワイドエリア設計」のキーテクノロジーです。

※写真、イラストはすべてイメージです。
イメージ写真
ゆがみを低減
両面累進+両面非球面設計

度数条件により複雑に変化する累進屈折力レンズを、両面設計で効果的に歪曲補正。外面の累進形状非球面は、レンズ遠用部と近用部のカーブを各度数に合わせて変化させた、12段階の独自発想非球面です。

イメージ写真
累進形状非球面(全度数)

プラスレンズの場合は、近用部の歪みが大きいため、近用部を深いカーブで補正することで、歪みを最小限に抑え、遠用部を浅いカーブで調整し、遠近の見やすさのバランスをとっています。(マイナスレンズの場合は、この逆になります。)

イメージ写真
新フレキシブルインセット設計

一人ひとりの目の個性に合わせる比類なきカスタム設計。インセット量が0.1㎜単位(0~5.0㎜)で指定でき、近点距離は25~80㎝まで指定可能です。

イメージ写真
選べる3つの累進帯長

累進帯長を11~13mmまで「1mm」単位で設定。装用者にとってのスムーズな切り換えを実現するとともに、異なる累進設計からの移行にも柔軟に対応できます。

イメージ写真
透過光最適設計

レンズを装用した状態で、全面に対し最適な度数となるよう透過光束を評価。網膜上における結像性能の向上と、低ベースカーブ化によるレンズの軽薄化を両立し、さらに非点収差を抑え明視域を拡大しました。

乱視度数別最適設計

乱視度数の全方位に対し、光線追跡による収差補正を行う、高性能収差コントロール設計。最適なアトーリック面が可能となり、乱視度数でも視野が広く鮮明になりました。


※写真、イラストはすべてイメージです。
イメージ写真
遠くからPC・手元距離まで、ワイド感を極限まで広げました。
遠くの視界もワイド
イメージ写真
パソコンから手元の距離もワイド
イメージ写真

ユレ・ゆがみを低減し、より自然でスムーズな視線移動を実現しました。
イメージ写真
※写真、イラストはすべてイメージです。
イメージ写真
■「ベルーナ セレノネオW」ラインアップ
イメージ写真

○ルティーナ素材にも対応しています。

イメージ写真


アイケアレンズ

アイアシストレンズ

両面非球面レンズ

内面非球面レンズ

非球面単焦点レンズ

単焦点レンズ